アルゴリズムの進化

検索結果というのは、検索アルゴリズムというものによって決められているということはご存知でしょう。これは、昔から変わっていないシステムとも言えますが、どんどんと進化してきているシステムでもあると言えるでしょう。

少し前の時代では、検索エンジンにとって「動的URL」が認識されにくいということや、認識されにくい情報というものが課題として挙げられていたようで、SEO対策的にはNGとされていたサイトを作らないようにと注意を払わなければならなかったようです。

しかし、近年の検索エンジンというのは、そういったことをほぼ気にせずにサイトを作成しても問題なく利用できるようになったと言われています。検索時に使用するキーワード自体も、ひと昔前までは「プリンタ」と「プリンター」を同一のものとして検索することができなかったのに対し、現代では多少の間違いや言葉の順番といったものを気にせずに検索できるようになっているようです。

さらには、機械が自分で学習する機能を持ったアルゴリズムも登場していると言われています。これは、技術の進化という面からの発展と言えることではありますが、現代の「SEO対策」技術への対策のために進化してきたとも言えるのではないでしょうか。このアルゴリズムの進化によって、検索順位を上げることだけを目標にしたSEO対策は効果を発揮し辛くなっているのではないでしょうか。

結論として、検索結果を上げるためには、閲覧者の真理に寄り添って、より良い環境のサイトを作っていくことが重要と言えるのではないでしょうか。「今まで通り」という保守的な考え方は捨て、自社らしく、かつ閲覧者の快適を考えたサイトづくりが、最も良質なSEO対策であると言えるのかもしれません。

検索エンジンの仕組み

検索エンジンというものは、世界中の情報基地に多くのサーバーを設け、それを同時連携させながら猛スピードでインターネット上に存在するサイトをリストアップしていると言われています。

SEOについて理解を深めていきたいのであれば、検索エンジンを仕組みから知っておくことが望ましいのではないでしょうか。日本で多く使用されている検索エンジンと言えば、 Google、Yahooなどが挙げられますが、運営はそれぞれ別の会社が行なっていることはご存知でしょう。

しかし、実はYahooはGoogleのサーバーを利用しているということはあまり知られていないのではないでしょうか。このことから、YahooとGoogleの検索結果はとても似ているという事実が見えてくるでしょう。

これと同じように、スマートフォンにおいても、AndroidoとiPhoneは、どちらもGoogleの検索結果が表示されるようになっているようです。正確な数字などは発表されていないものの、上記のことから、日本で活用されている検索エンジンはほぼGoogleが大半を占めているということがわかるのではないでしょうか。

つまり、検索エンジン最適化を目指すSEO対策は、日本においては事実上「Google対策」と言い換えても間違いではないと言えるでしょう。これを知っているかいないかでも対策には大きな差が出てくると言えます。

SEO対策会社ではGoogleのアルゴリズムを攻略すべく様々なアイディアや対策が検討され実践されています。アルゴリズムを解読することは不可能に近いことと言えますが、このような研究が、検索エンジンを理解し、より良いサイト作りをするためには大切な一歩であることは間違いないのです。

ONE MOVIE ONE SEO