検索エンジンの歴史

検索エンジンの歴史

検索エンジンと聞いて、何を思い浮かべるでしょうか? Google 、Yahoo! 、Bing などさまざまな回答があり 、検索エンジンへの最適化には、複数の検索エンジンすべてに対応する必要があると考えてしまうかもしれません。確かに過去には、 Google のSEOやYahoo! のSEOなどが独立して存在していましたが、現在は検索エンジン別にSEOを施すことはほとんどなくなりました。

Yahoo! JAPAN が初めて検索エンジンの提供を開始したのは 1996年です。Yahoo! JAPAN では、人力でWebサイトを 1件ずつデータベースに分類・登録し、ユーザはツリ ー情造のカテゴリーから目的のサイトを探す「ディレク卜リ型検索」と呼ばれる手法が採用されていました。 以降、Yahoo! JAPAN は1996 年に天気情報やニュース、 1999 年にメール、ショッピング、オークションなど 、次々とサービスを追加していきポータルサイトとしての地位を固めていきました。
一方、Yahoo! JAPAN が当初採用していたディレク卜リ型検索だけではなく 、lnfoseekや gooなどに代表されるロボッ ト型検索エンジンも人気がでできました。ロボッ卜型検索エンジンは、情報収集プログラムが世界中のWebサーバーを巡回して自動的にWebページに関する情報を収集し、キーワードごとにデータベース化します。そのため、人力に頼らずともWeb上の情報を取りまとめることが可能です。ロボット型検索が人気を博す状況を鑑みて、 Yahoo! JAPAN も1998 年にgooのロボット型検索エンジンを採用したり、日本語版が登場したGoogle 検索エンジンへの乗り換えなど、試行錯誤を繰り返します。
Yahoo! JAPAN はロボット型検索エンジンを自社で持つ必要性に気付き、米Yahoo! 開発の検索エンジンである Yahoo! Search Technology(YST) を採用します。しかし、 2009 年には、米Yahoo! がYSTの継続的開発から撤退し、マイク口ソフトのBing で使用されている検索エンジンの採用を発表
します。そのため、当時のSEO界隈では、検索エンジンのシェアが高かったYahoo! JAPAN 向けの対策を主に実施していたことから、 Yahoo! JAPAN の動向に注目が集まりました。
Yahoo! JAPAN は2010 年10 月から Bing ではなく、より性能が高いとされていたGoogle の検索エンジンを採用します。ヤフ一株式会社の筆頭株主はソフトバンク株式会社であったため、米国Yahoo!の意思決定に従う必要がなかったためです。 Google が日本での検索エンジンシェアNO.1 を勝ち取った瞬間です。以降、 Google の躍進は止まらず、スマー卜フォンの時代に入り、 Google が開発したAndroid ではも
ちろん、 iPhone でも標準の検索エンジンとしてGoogle が採用されています。この通り、 Yahoo! JAPAN のー強であった日本での検索エンジンは、 Googlet に席巻されていきます。 2018 年3月29 日には、 Yahoo! JAPAN の代名詞でもあったディレクト型検索サービス Yahoo! カテゴリのサービスが終了します。これは、ロボットによる情報分類能力に対して、人力による作業が完全に白旗をあげたことを意味します。