検索行動の心理

検索行動の心理

一般的に、インターネットを利用したいと思う閲覧者の行動の裏には必ず何か「目的」が存在するのではないでしょうか。その目的を達成するために「キーワード」が入力され、検索結果から各サイトへの訪問が決定する流れが検索行動と言えるのではないでしょうか。そもそもその商品やお店の知名度がある場合には、そのまま商品名や店名を入力して検索することもあるでしょう。しかし、そういった場合ではない際は「キーワード」が非常に重要になってくると言えるでしょう。目的を達成するために選択するキーワードというのは、正直、100人いたら100通りあると言っても過言ではないでしょう。なんと言っても「目的」は人によって違うことが当たり前なのですから。つまり、サイト作成やSEO対策に頭を抱えている会社は、ここを押さえるのが上手ではないということが言えるでしょう。もちろん、自社製品を売りたいというところからサイト作りを始めているのが悪いわけではありません。ただ、買ってもらう以前に知ってもらうところから始めなければSEOという点においては成功しにくいということが言えるでしょう。なかなか検索順位が上がらないという時には、今一度基本を見つめ直し、どう言った目的を持った人が訪れるべきサイトであるかということを理解し、次に、どのキーワードを設定すると、そのような目的を持った人たちが閲覧してくれるかということを考えると良いでしょう。ひとりで自信が持てないという場合には、似たような商品を扱う会社などのサイトを参考にしてみても良いでしょう。実際にキーワードを使って検索し、そのキーワードと検索結果を照らし合わせてみるという研究も良いでしょう。ネット上にただ情報を投げっぱなしにしてしまうのではなく、投げ方から考えてみるというのも大切なSEO対策の一つと言えるでしょう。