コンテンツのマルチメディア化

注目されるコンテンツは概してマルチメディア化しています。ですからテキストだけで構築するのは危険です。

実は動画の情報量はテキストの5000倍と言われており、動画を掲載するだけで、少ないスペースを効率的に使用することが出来ます。ユーザーの側も動画で情報収集するスタイルに慣れてきたため、今後は益々コンテンツのマルチメディア化が進むように思います。

さて、コンテンツの中にキーワードを散りばめるにしても、その散りばめ方が分からなければ、SEOの効果は半減します。そこで参考になるのが、検索意図との合致が重要であるとの見方です。

つまりキーワードを使った文が、ユーザーの欲しい回答であれば成功だと言えるのです。そのためには、まずコンテンツの量を増やすことが大切です。多過ぎてもいけませんが、競合他社のサイトと比べて少ないのは許されません。以上、コンテンツの重要性について話しましたが、ここからは構造の重要性についてお話しします。

SEOに影響するのは文面だけではありません。構造を最適化することもまたSEOなのです。何故なら構造を変えるだけで、クローラーとのコミュニケーションが活発になるからです。

クローラーが対話を嫌う相手の代表格が重複コンテンツです。明らかなコピーならともかく、たまたま似てしまったページも重複コンテンツと見做されます。その他、一見似ているとは思えないページが重複していると評価されることもあります。

人間には中々分からないものですが、不満をぶつけても解決しません。インデックスされないページがあると気付いたら、noindexタグをつけるなどして対応しましょう。他サイトとシンジケーションした時も重複と見做されることがありますから、注意して下さい。

    

アルゴリズム ONE MOVIE TOP